サービスと監督

クラウドサービスと呼ばれるサービスが、コンシューマーにも企業側にも提供される時代になりました。
例を挙げれば、コンシューマー向けのサービスとしては、Webメールなどはずいぶん前から一般的なサービスでした。
また、最近ではメールソフトの代替サービスだけでなく、文章管理、表計算、プレゼンの機能なども備わっています。

一般のコンシューマー向けのサービスとしては、クラウドサービスは単にとても便利なものとして認識していればいいのです。
しかし、一般企業にとっては、クラウドサービスをなんの心配もなく利用するわけにはいきません。
クラウドという技術は、従来のITサービスと違って、仮想空間上でサービスを受けるシステムになっています。
つまり、従来のサービスでは、端末自体にソフトウェアやアプリケーションを入れて、そこからサービスを受けていたのです。

このようなサービスが仮想化すれば、コストメリットがあって、一見良さそうに思えます。
しかし、企業にとっては、おいそれと手を出せるサービスではないのです。企業には、漏らしてはいけない情報がたくさんあります。
そのような重要なデータが、仮想空間上で飛び交っているというのは、手放しに喜べない状態なのです。
そこで、各ベンダーがすべきことは、ITサービスマネジメントを、クラウドに対してもしっかりとすることです。

ITサービスマネジメントとは、ITサービスを提供する企業が、供給側と需要側双方から様々な条件から事業を監督することです。
ITサービスマネジメントは、安心してサービスをしてもらうための企業活動です。
とらえどころのないサービスだからこそ、ITサービスマネジメントが必用なのです。

OUT LINK

archive

category

  • カテゴリーなし

calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930